ペットが被害に遭った話~ハクビシン駆除を怠った場合~

野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。 野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。

ハクビシンによるペット被害の現状

ハクビシン

ここでは、実際にペットがハクビシンによって被害に遭った体験談を見ていきましょう。ハクビシンは大人しい性格のため、あまりペットを襲うことはあまりありません。しかし、絶対に襲われないという保証はないので注意が必要です。

ハクビシンにペットを襲われた人々の体験談

うちの猫と争っていました(30代/女性)

なんか外で我家の猫が唸っているかと思いきや激しい声が聞こえたので、慌てて外に出たらなんか見たことない動物(ハクビシンだと後に判明)と喧嘩していました。私が叫ぶと一目散に逃げていきましたが、左前足から血がにじみ出ており、ケガをしていました。バイキンが入っていたら大変なので病院で診てもらいました。幸いケガは軽傷でしたが、予定外の出費でちょっとヘコミました。

愛犬が襲われました(30代/女性)

あの時は何もかもが予想外であり、取り乱しまくっていました。家の外で鎖に繋いでいた犬がキャンと吠えたので何かなと思って見に行ったらハクビシンがいました。そこで、なんでハクビシンが?なんで犬は吠えた?そしてなんで犬はうずくまってる?そんな疑問が頭の中をぐるぐる回ってパニックになりました。ですが、とりあえずハクビシンは逃げていきました。どうやら前足を噛まれたようで痛そうにしている愛犬がかわいそうでした。また、襲われると心配なため、現在は家の中で飼っています。

ハクビシンが発生するのは田舎だけではない

「ハクビシンなんて都内じゃまず見かけないからハクビシン駆除なんて無縁だ」と思っている方もいるかもしれませんが、実際にはそれは勘違いです。ハクビシンはどこにでも姿を現しますし、どこかの家でペットだったハクビシンが野生化して家に住み着くなんて事は十分にありえます。そのため、ハクビシンに襲われるというリスはどこに住んでいても常に発生する可能性があるのです。そのため、飼っているペットの安全は、できるだけ確保してあげてください。

TOPボタン