ハクビシンからペットを守る手段を確認しておきましょう

野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。 野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。

ペットをハクビシンから守るためには

笑顔の男性

ペットをハクビシンから守るためには万全の対策を予め練っておくことが肝心です。ここではハクビシン駆除を行なう以外の方法でハクビシンを寄せ付けないための方法を紹介していきます。

ハクビシンを寄せ付けないための対策

餌となるものを置かない
ハクビシンが住み着く理由は、そこに美味しいものがあるからです。特に、甘いものはハクビシンの大好物なので絶対に甘いものをそのまま捨てないようにしましょう。例えば畑を耕している場合、作物を収穫したあとは畑に作物を残さないことも大事ですし、ジュースの空き缶は洗って捨てないとジュースの残りに群がって住み着くようになってしまいます。
寝床になる場所をつくらない
ハクビシンが住み着いてしまうもう一つの理由が居心地の良さです。特に安全に眠れる場所というのはハクビシンのみならず野生動物なら誰でも好んで住み着きます。そのため屋根裏に入れそうな場所は全て塞ぎ、建物周辺の雑草は全て刈っておきましょう。
侵入口を塞ぐ
前述したように、侵入口を全て塞ぐことは必須項目の一つです。屋根裏は特に住処として好まれやすいですし、住み着かれた場合そこに糞尿をされるので家が悪臭に包まれてしまいます。

万が一襲われてしまったときは

ペットが襲われたら、その傷口の大きさに関係なく病院で診てもらいましょう。なぜなら、野生動物というのはどのような病原菌を保菌しているか不明であり、小さなケガだと放置した結果大事になる可能性があるからです。ちなみに、一昔前SARSが流行りました。その原因はハクビシンだとされましたが、実際には別の動物がSARSウイルスの保菌していたことが判明しました。 ハクビシンにペットを襲われたり、家に住み着かれないようにするためには、日頃からの対策が重要になります。もし被害が発生し、自分の力だけで駆除できない場合はハクビシン駆除の専門業者に頼ることを視野に入れたほうが良いかもしれません。

TOPボタン