ペットに害が及ぶ前にハクビシン駆除を行ないましょう

野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。 野生のハクビシンは家に大きな被害をもたらします。

ペットを飼っている場合のハクビシン駆除法について

ハクビシン

ハクビシンはネコ科の動物であり、一見可愛い外見をしています。しかし、一度家に住み着かれると非常に厄介であり、様々な被害をもたらす害獣になります。よって、ハクビシン駆除を行ない被害を防ぐ必要があります。

ハクビシン駆除の仕方

捕獲器で捕まえる
ハクビシン駆除といっても、ハクビシンは鳥獣法によって保護されているため殺処分はできません。しかし、被害に遭っていることを自治区に申請し、許可を得られれば捕獲しても法律違反にはなりません。捕獲器を使用する場合は、寝床や通り道を狙って設置する必要が有るため、ハクビシンの行動を観察して設置しましょう。
忌避剤で追い出し
自治区の許可を待っているほど余裕が無いくらい被害がひどい場合は、忌避剤を散布して追い出しましょう。追い出しは自治区の許可もいらないため、自分の判断で行なうことが可能です。それから、ハクビシンは石油系の匂いが苦手であり、ネット通販や店舗で忌避剤を購入できます。効果的な使い方は燻煙材を使用して家から追い出したあと、侵入口に忌避剤を散布すれば完了です。これにより、再び侵入されにくくなります。
侵入口を塞ぐ
家の中に侵入された場合は、再侵入を防ぐために侵入口を塞ぐという手段が有効です。前述した燻煙材で追い出したあと忌避剤を散布し、仕上げに金網などで塞げば侵入されるリスクは大幅に下がります。また、畑を持っている場合はフェンスだけではなく電気柵も用意しておけばよりハクビシンの被害を抑えることができます。

忌避剤を使用する場合はペットへの配慮も欠かさずに!

ハクビシンの被害を抑える上で一番使いやすいのが忌避剤ですが、ペットを飼っている場合は注意が必要です。例えば大きな犬を飼っている場合、忌避剤の匂いにつられて食べてしまうかもしれません。また、ペットも忌避剤の匂いが嫌いでストレスを感じることもあります。このことから、忌避剤を使用してハクビシン駆除を行なう場合は、ペットの配慮も忘れないように注意しましょう。

ペットがいるところでハクビシン駆除をする際の注意点

ペットを飼っている場合、上記のようなリスクが発生するおそれがあるので薬剤も安全なものを使用するのが好ましいです。ここでは、ペットを飼っていても安全な薬剤の種類を紹介していきます。

専門業者に聞いた!ペットにも安全な薬剤の種類

ペットがいても安心して使用できる薬剤の種類を教えてください。
忌避剤の種類は豊富にあり、安全なものや危険なものをまとめると結構な量になってしまいます。よって、忌避剤の注意書きを読んで調べるのが最も手っ取り早い方法です。また、注意書きにはどんな環境で使うと危ないか、どんなペットを飼っている場合に使うと危険かということが事細かく説明されています。そのため、注意書きをチェックすれば基本的には問題ありません。

TOPボタン